保育方針

保育理念

「心の保育」

こが保育園では、「心の保育」を理念とし、人間形成の土台となる乳幼児期の 心の成長と身体の成長を保育の基本としています。

自分の意思で、自分の力で出来得ない幼い子どもの保育には、その成長の見本となります保育者が、子ども達が喜んで信頼し、安心して園生活を過ごす為に全職員が、子ども達一人ひとりに温かな一言の言える保育者であることからスタートしています。

表面だけの心や事務的な保育であってはならないと思います。

この幼い子ども達を守り、育む為には、御家庭と保育園が信頼関係を重視し心と心のつながりを大切にして、一人ひとりの子ども達をよく理解し、寄り添い、主体性を重んじ、毎日が楽しい園生活であってほしいと願っております。

又、子ども達はもちろんのこと、働いておられる保護者の方の心も受け止め子どもと保護者の安定した関係に配慮しながら、保育を進めていきたいと思います。

こが保育園の目指す「子ども像」

「元気に楽しく遊べる子ども」「挨拶が元気にできる子ども」

_

保育目標

● 思いやりの優しい心とくじけない強い心を育て、健全な心身を持つ子どもを育てる。

● 自分で試み、考えて行動できる子どもを育てる。

● 遊びの中から楽しみを見つけ、自然とのふれあいを大切にする。

● 知、徳、体の成長を促す。

● 園と家庭が心を一つにした信頼保育を大事にする。

施設情報

こが保育園
【社会福祉法人向伸学園】

〒612-8495
京都府京都市伏見区久我森の宮町15−8
TEL:075-934-1890

サイト内検索

Copyright (C) 社会福祉法人向伸学園 こが保育園 All Rights Reserved.